2009年11月04日

横浜ニューグランド トークショー/ランチ/作品予約会

10月16日、ニューグランド5階のスターライトルームで、書・パフォーマンスとトークショーを開催しました。私の作品を応援くださっているファンの皆様40人近くの方々が、お越しくださり、中には、飛鳥Uクルーズでのお知り合いで、名古屋から駆けつけてくださった方もいらっしゃいます。よく晴れて、海を見ながら作品をご覧いただき、楽しいトークとパフォーマンスを致しました。『海』の作品を書く時に、ボーと汽笛の音が聞こえ、横浜ならではの雰囲気に浸りました。

ノルマンディーのお部屋に移り、フランス料理は大変美味しく、料理長さんもご挨拶に見えて、さすがニューグランド!と感じました。

横浜生まれ、育ちの私に取りましても、ニューグランドホテルで、作品展を開催できましたことは、光栄なことでした。

お越しいただいた皆様も、ご満足いただけた感想を頂きました。

作品を海外に!と言う希望を実現していく様、これからも発信していきたいと思います。

楽しい笑顔が溢れます。

      _MG_7193.jpg      _MG_7182.jpg    _MG_7222.jpg

        _MG_7286.jpg
  _MG_7314.jpg

      

posted by HIRO WORLD at 23:44| 東京 ☀| パフォーマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

飛鳥U世界一周でのパフォーマンスそのB

グランドケイマンから乗船しパフォーマンス披露の次の日は、飛鳥Uの船体がパナマ運河を横切ると言う、一大イヴェントを見学することが出来ました。一日掛かりのショーと言う感じです。

早朝から、船長の説明の中、乗船の皆様全員がデッキの周りに出て眺めています。合図により、ガッツンドックに進み、大きなゲートが開き、船の両脇を電車が引張って水槽の中に入ります。ゲートを閉めて水位を上げ、又、次のゲートを開き船が進みます。これの繰り返しですが、ここを通過するのに2300万円かかるそうで、毎日30隻近い船が通過するそうです。働いている方達も6000人と言う事でした。

船の先端に行ったり、後方に行ったり、感心しながら人間の知恵と力の結集で大西洋から太平洋に抜ける道を造り上げたことに敬服した1日でした。

このような経験は、実際に船に乗って見ないと、スケールの大きさの凄さが理解できないと思います。改めて書・アートを通して体験出来たことにも感謝です。 

航海中に、時々船長のアナウンスで、右舷側にイルカがいます。とか、ワニがいます。と知らせてくださいます。運が良いとそれが見つけられますが、大体、辿り着いた時はもう海の中に沈んで見えません。デッキから波を眺めていると、時々、亀が泳いでいたり、飛び魚が群れを成して飛びはねていることもあります。イルカの大群をみつけた時は感激しました。

リドカフェでお茶をしながら、海を眺めていると優雅な気分に浸れます。そんな時も、お知り合いになったご夫婦と書のお話をしまたり、「デザイン書道のお教室に是非参加したいです」と、嬉しい楽しい一時となります。

飛鳥IIh20.6.17-30 086.jpg 飛鳥IIh20.6.17-30 067.jpg

posted by HIRO WORLD at 22:34| 東京 ☀| パフォーマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

飛鳥U世界一周にてパフォーマンスそのA

最初の書・パフォーマンス披露の中で、私の書を使用し、企業との融合により商品化されているお話をしました。

その中の一つ、会津若松にある末廣酒造のお酒のロゴを揮毫しています。同じ末廣ですが親戚ではありません。そして偶然な事に『舞』というお酒があります。社長の新城様はいつも応援くださっていて、今回、クルーズに乗船する事になりました時にバレエ舞のラベルの『舞』のお酒を、飛鳥Uのお客様全員にお飲みいただける様にご寄付くださいました。

以前、ネオトロピカル主催・三笠宮崇仁親王殿下の卒寿パーティーの際、パフォーマンスを披露させていただきました時にも『バレエ舞』のお酒を皆様に振舞われ、大変喜ばれましたお話も交え、ご説明しました。お酒のラベルは、文字によってより美味しさを感じるもので、重要な役割を果たします。

  この日のディナーは、和食で、会場の入り口に私の作品を展示してくださり、『舞』のお酒をアレンジし、テーブルには『舞』作品と末廣酒造の説明のカードを置いてくださいました。それにより、パフォーマンスをご覧にならなかったお客様も楽しんでいただけ、同時に作品を知っていただける良い機会となりました。これは、郵船クルーズのエンターテイメントマネージャーのお取り計らいによるもので、大変嬉しかったです。振舞い酒も皆様に喜ばれ、お客様の中で、美味しいので、1ダース送ってくださいとのご依頼もいただきました。 

ディナーテーブルは、いつも自由に席をえらぶ事が出来ます。又、日によって服装が決められています。カジュアル・インフォーマル・フォーマルと、前日の飛鳥デイリーに指示が出ています。それにより5時以降は、船内を歩く時にはその服装で出かける事になります。皆様それぞれ素敵なファッションで、楽しんでいらっしゃいます。

私も、毎回新しいお知り合いが増え、パフォーマンスをご覧下さった方に直接ご感想をいただけたり、オリジナルの作品を書いてくださいとの依頼を受けたりと毎晩楽しいパーティーになってしまい、時の経つのを忘れてしまう程です。

飛鳥IIh20.6.17-30 042.jpg       飛鳥IIh20.6.17-30 042.jpg
          







posted by HIRO WORLD at 22:26| 東京 ☀| パフォーマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

飛鳥U世界一周、書パフォーマンスその@

郵船クルーズ蒲lのご依頼により、グランドケイマンからサンフランシスコまでの12日間豪華客船飛鳥Uに乗船し、2回の書・パフォーマンスの公演と、3回のデザイン書道の指導を致しました。

以前に『飛鳥』のお正月クルーズで2回経験がありますので、雰囲気は慣れていました。その時は横浜港の大桟橋から乗り込みましたので、心配は無かったのですが、今回は飛行機で現地まで行って乗り込まねばならず緊張しましたが、何とか無事に乗船することがきました。

グランドケイマンは英国領で、美しい海の色、明るい日差し、数隻の外国の客船も停泊し、観光客で賑やかな町でした。乗船した夕方打ち合わせをし、翌日10時からパフォーマンス公演と言う事で準備をしました。クルーの方々もお手伝いくださいました。

飛鳥Uのお客様の平均年齢は72歳と言う事で、皆様優雅に船旅を満喫しているご様子です。

船内は豪華で、ゆったりとした雰囲気で毎日お客様を楽しませる色々な催しが組まれています。私の公演は45分間で、ギャラクシーホールに大勢の方がお集まりくださいました。 

先ずご挨拶をして、伝統書道の『舞』を書き、次に「バレリーナが舞っているように書きます」と言って筆を運びます。たくさんの方々がご覧になれる様に、白板を縦にし、書きます。

能舞をお見せし、「日本の四季の美しさを表現します」と『花鳥風月』を、それぞれの漢字意味を大切に表現しながら書いていきます。最後に、縦1.8メートル・横5メートルの画仙紙を出し、「ここに、海の上で海と言う漢字をダイナミックに表現します」と大きな筆を使って書きました。書き上げたものを広げた時には、大きな歓声が上がりました。

それぞれ色々なエピソードを交えて進むのですが、ご覧になっていらっしゃる皆様は、最初、今までの書道の考えで会場に入り、ご覧になり、私の『書・アート』をご存知ない方ばかりですので、終了してから、「素晴しかった。今まで見たことの無い書で、感動しました!」とか「書がこんなに美しく表現できる事を初めて知りました」とか「不思議な世界に入り込んだ様で楽しかったです」とたくさんの方々に喜んでいただけ、感動の様子やお言葉を肌で感じる事が出来、私自身もそれに感動し、自信を深める事が出来た嬉しい瞬間でした。


飛鳥IIブログ用写真h20.7 002.jpg    飛鳥IIブログ用写真h20.7 001.JPG

 

85日から1031日まで、伊勢佐木町ワシントンホテルにて、飛鳥U世界一周クルーズでの書・パアフォーマンスと・デザイン書道のときに展示した作品と写真を公開しています。  ご覧くださいませ。

posted by HIRO WORLD at 00:27| 東京 ☁| パフォーマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

妹のオカリナと母

5月31日
妹のオカリナ発表会に行きました。妹の指導している生徒さん達の日頃の練習の成果を発表する晴れ舞台です。今年で12回になります。
妹は、小さい時から音楽の道を進み、生徒の指導と共に自分のコンサートも手がけています。
この日は、司会・出場する生徒さんの伴奏・そして自分の模範演奏と、全部をこなして、会場いっぱいのお客様も大変喜んでいました。いつもながら、良く頑張っています。
2部の前に母がいつも生徒さん達にご挨拶をするのですが、90歳なので今年は行くのがやっとで、無理と思っていましたが舞台でしっかり話が出来ました。いつも笑いも取り、生徒さんも楽しみにしています。
母がいつまでも元気で私達を見守ってもらいたいと、いつも思います。
私の母は昔、私達姉妹に、「女性は何か人に負けないことを身に着けなさい。それにより心が豊かになり、充実した人生を過ごすことが出来るよ!」と言って育ててくれていました。それを素直に実行し(^^)、私は書を、妹は音楽を続けました。お陰で好きなことで毎日が楽しく過ごせ、母にいつも感謝しています。
妹のCDのジャケットは、私のロゴが使われています。7月にコンサートがあるのですが、チラシに「想い出」のロゴが入っていまして、好評の様です。
私の書・パフォーマンスの時、妹が横で、オカリナ演奏をしてくれます。書く文字にちなんだ曲を演奏することもあります。ネオトロピカル主催の三笠宮崇仁親王殿下の卒寿パーティーの折には、姉妹でご披露出来ました事は大変光栄で、素敵な想い出です。山代温泉のホテル百万石の100周年の時も、大勢の皆様に感動していただけました。それぞれ好きな道でこれからも楽しく頑張りたいと思っているところです。
http://www.avanti.gr.jp/mariko/
posted by HIRO WORLD at 23:52| 東京 ☁| パフォーマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

飛鳥U世界一周クルーズでパフォーマンス

日本郵船、『飛鳥』の時に、お正月のグアム・サイパンクルーズで、パフォーマンスをした経験がありますが、今回は『飛鳥U』への乗船で、とても楽しみにしています。
グランドケイマンからパナマ運河を通ってサンフランシスコまでの12日間に、2回の書・パフォーマンス披露と、3回・書の指導を致します。

船の上でのパフォーマンスは、指定された日にちと時間に船の揺れる状態がどうかということが予測できません。
お正月クルーズの時は、何回か致しましたが、書いている時に、少々ゆれるのですが、ご覧になっている方々も同じように揺れるのでそこで笑いが起こり、それもパフォーマンスの醍醐味です。
一番最初に披露しました時は、お話の中で、『お船の上での書・パフォーマンスは処女公開(航海)です』と言って大変受けました。
書の指導も、最初は皆様不安な顔をなさっているのですが、作品が出来上がると、喜びに変わり、お部屋に持ち帰ると又皆にほめられるので嬉しそうです。
今回は、お客様の人数が前回より多いので、大勢の方に楽しんでいただけるよう構想を練っております。
又ご報告します。
posted by HIRO WORLD at 22:54| 東京 ☀| パフォーマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。