2010年10月26日

学生さん達に日本の伝統を継承する価値の講演をしました

 

108

小津和紙ギャラリー個展で、早稲田と、慶応の学生さんが、日本の伝統を継承する価値と言うことで研究しているとのことで、私に講演依頼がありました。

その前は、福島の会津漆器を研究し、取材もしたとのことで、『旅籠 芦名』に泊まり、作品に感動したとのこと。興味のあるそれぞれの大学生達が集まり、日本の文化を大切に思っていることを知り、先ず嬉しくなりました。若い方々が、真剣に日本を守ろうと言う姿に、私達、人生の先輩が手を差し伸べてあげなければと感じました。書は先ず基本が大切です。多くの御法帖を臨書し、自分のものにして、そこから新しい独自の作品を作り出す事が大事。と話しました。

私の書を通して、それに関係する、和紙・筆・墨・硯 の職人さん達の技術の伝承が無ければ、作品も出来ません。使う人が無ければ職業として消えてしまったら大変です。日本の『道』と付く習い事は、近道が無く、基本を習得し時間をかけて身に付けるものです。一つのものに対してもいろいろな関連性が生まれ,それぞれが大切な役割を果たしています。

バレエ・能・歌舞伎・雅楽・日本舞踊 の『舞』表現を通して、その道で、精進なさっていらっしゃる方々にも、違った角度から興味を持っていただけるのではないかとも思いながら表現していることも話しました。

各グループに別れ、日本独特の言葉を見つけそこに日本人としての謙虚さや優しさを感じるとの意見や話し合いに、今の若い方々も日本を守ろうとする気持ちが大いに感じられ、

外国とは違った、日本人として相手を思いやる心の深さ、慈しみなどをしっかり理解している事に頼もしさを感じました。

私も書を通して日本の良さを、海外にも広げたいと思っているので、これからも若い方々にも知ってもらえる動きも大切な事だと感じた1日でした。



posted by HIRO WORLD at 17:36| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。