2008年09月10日

飛鳥U世界一周でのパフォーマンスそのB

グランドケイマンから乗船しパフォーマンス披露の次の日は、飛鳥Uの船体がパナマ運河を横切ると言う、一大イヴェントを見学することが出来ました。一日掛かりのショーと言う感じです。

早朝から、船長の説明の中、乗船の皆様全員がデッキの周りに出て眺めています。合図により、ガッツンドックに進み、大きなゲートが開き、船の両脇を電車が引張って水槽の中に入ります。ゲートを閉めて水位を上げ、又、次のゲートを開き船が進みます。これの繰り返しですが、ここを通過するのに2300万円かかるそうで、毎日30隻近い船が通過するそうです。働いている方達も6000人と言う事でした。

船の先端に行ったり、後方に行ったり、感心しながら人間の知恵と力の結集で大西洋から太平洋に抜ける道を造り上げたことに敬服した1日でした。

このような経験は、実際に船に乗って見ないと、スケールの大きさの凄さが理解できないと思います。改めて書・アートを通して体験出来たことにも感謝です。 

航海中に、時々船長のアナウンスで、右舷側にイルカがいます。とか、ワニがいます。と知らせてくださいます。運が良いとそれが見つけられますが、大体、辿り着いた時はもう海の中に沈んで見えません。デッキから波を眺めていると、時々、亀が泳いでいたり、飛び魚が群れを成して飛びはねていることもあります。イルカの大群をみつけた時は感激しました。

リドカフェでお茶をしながら、海を眺めていると優雅な気分に浸れます。そんな時も、お知り合いになったご夫婦と書のお話をしまたり、「デザイン書道のお教室に是非参加したいです」と、嬉しい楽しい一時となります。

飛鳥IIh20.6.17-30 086.jpg 飛鳥IIh20.6.17-30 067.jpg



posted by HIRO WORLD at 22:34| 東京 ☀| パフォーマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。