2011年10月30日

大正浪漫百周年記念『竹久夢二・末廣博子二人展』レセプションパーティーを開催しました

  

 10月2日 初日にギャラリー・アートプラザの会場で、大勢の皆様にご来場いただき、株式会社トライウィンの社長の応援で、素敵なパーティーを開いてくださいました。

竹久夢二さんの原画作品5点・版画 約30点と、末廣博子の作品50点を会場いっぱいに飾り、ご来場の皆様と楽しい一時を過ごすことが出来ました。

 新作『夢二舞』は7点発表しました。夢二さんの作品を全国で扱う株式会社港屋の大平直輝会長・画廊の村山理事長も、『夢二さんの作品から、新しく夢二の世界が広がりました』と大喜びで嬉しいです。「世界で初めての試みです」と言われまして、今後の動きが楽しみです。

ゲストに、女優の磯村みどりさんが、バーバーダンスと言う『ありがとう』の言葉が沢山入ったダンスと歌を披露してくださり、バンドの皆様の演奏で会場が盛り上がりました。

宴たけなわの時に、書パフォーマンスを披露しました。目の前で、書作品が生まれるパフォーマンスは、皆様初めてご覧になる方々が多く、筆を取ると息を飲んで、シーンとなりました。

作品が生まれる時の雰囲気やテクニック、今まで経験した話を交えてのパフォーマンスは何時も皆様に感動していただけるので、作家としての自信と楽しさの一時です。最後に、来年は龍年なので、縦1.8横3メートルの画仙紙に、『龍』を揮毫しました。大きな作品を仕上げる時にも、美しく・かすれも出し迫力のある作品に仕上げることが大事です。

「夢二作品と、書アートがそれぞれマッチし、素敵なコラボです」「大正時代を想い出させてくれる良い雰囲気の会です」「これからの新しい動きが楽しみです」と感想をいただきました。

日本中にいらっしゃる夢二ファンの方々にも楽しんでいただけるよう、竹久夢二さんのお力をいただきながら新境地を更に開いて参ります。


   111002夢二博子二人展写真 030.jpg   111002夢二博子二人展写真 009.jpg   DSC04004.JPG

  111002夢二博子二人展写真 036.jpg   DSC03978.JPG   P1020625.jpg

  111002夢二博子二人展写真 020.jpg    DSC03981.JPG
  
posted by HIRO WORLD at 14:20| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜ベイスターズの加地社長を訪問しました

 
 

横浜を本拠地に頑張っています、横浜ベイスターズ!

何とか順位を上げていただきたいと願っています。

日頃、加地社長が、私の作品の応援もして下さっておりますので、作品をお持ちし、応援に伺いました。私の『夢ありがとう 叶』の作品をワインクーラーとワインにあしらった商品も、ガラス工芸家よりプレゼントしました。今後、沢山の方々の応援で、上位に食い込んでいただきたいと願っています。



 加地社長とフラメンコ額.jpg    加地社長と能舞作品寄贈.jpg    CIMG3308.jpg
posted by HIRO WORLD at 12:13| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『夢二舞』が誕生しました

 
   

『竹久夢二・末廣博子二人展』で、夢二さんの作品をモチーフに、作品が生まれましたので、先ずはこの展覧会をご提案くださり、応援していただいております、トライウィンの中城社長・画廊の村山理事長に作品をご覧頂きたく、未発表の作品も含め、34点をお見せしました。『夢二舞』と名付けました。
作品を創るにあたり、想いを込め、集中して描き、思うように筆が進み、それぞれ、自分でも気に入った作品に仕上がったことは、夢二さんが、見守って下さっているように感じました。
(夢二さんのお命日に作品が仕上がったというのも不思議な出来事でした。)

夢二作品の前で、初めて新作をご覧いただき、感動してくださり嬉しかったです。

お二人の御蔭で生まれたこの作品を、これからどのように展開していくか、案を出しながら広げてくださるとのことで、楽しみです。


 夢二作品 2.jpg   夢二作品雪の風と.jpg   青い帯原画と.jpg

 

posted by HIRO WORLD at 11:47| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

竹久夢二/末廣博子二人展


 

  大正浪漫百年記念 竹久夢二・末廣博子二人展 のお知らせが読売新聞に掲載されました

 

夢二さんとのコラボにより、「夢二舞」が生まれました。

「バレエ舞」 「能舞」 「フラメンコ舞」 「雅楽舞」 「歌舞伎舞」 と、舞シリーズを多く発表していますが、夢二さんの、憂いに満ちた、儚い女性を描いた作品は、大正時代の日本人女性の姿を素敵に表現しています。作品集を拝見しているうちに、舞の作品と重なり始め、作品にしたくなり、筆を取りました。

自分でも不思議なくらいに、筆が進み、現在、34通りの違った、ポーズの作品が生まれています。

新作として7点を発表します。

 110925読売新聞掲載.PDF

 夢二博子二人展.PDF

 

 

posted by HIRO WORLD at 09:50| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。