2010年10月26日

楽天市場で書アート商品を販売します

アートのオリジナル商品を楽天市場で販売する事になりました。

アートタイルを初め、可愛いストラップや、バックハンガーなどに、私の書アートをアレンジし、他には絶対に無い商品をいろいろ発売します。誰かに自慢したくなるような素敵な商品を取り揃えています。是非、楽しみながらお使いくださいませ。

本ホームページのトップページに、楽天市場『末廣博子 書アートのお店』への
リンクタグを新たに付けましたのでご利用下さい。

開店記念セールとして、『 愛(ありがとう)』のプチ書アートタイルを特価頒布しております。


             楽天トップページ.png             楽天商品ページ(プチ書アートタイル).png

posted by HIRO WORLD at 17:47| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学生さん達に日本の伝統を継承する価値の講演をしました

 

108

小津和紙ギャラリー個展で、早稲田と、慶応の学生さんが、日本の伝統を継承する価値と言うことで研究しているとのことで、私に講演依頼がありました。

その前は、福島の会津漆器を研究し、取材もしたとのことで、『旅籠 芦名』に泊まり、作品に感動したとのこと。興味のあるそれぞれの大学生達が集まり、日本の文化を大切に思っていることを知り、先ず嬉しくなりました。若い方々が、真剣に日本を守ろうと言う姿に、私達、人生の先輩が手を差し伸べてあげなければと感じました。書は先ず基本が大切です。多くの御法帖を臨書し、自分のものにして、そこから新しい独自の作品を作り出す事が大事。と話しました。

私の書を通して、それに関係する、和紙・筆・墨・硯 の職人さん達の技術の伝承が無ければ、作品も出来ません。使う人が無ければ職業として消えてしまったら大変です。日本の『道』と付く習い事は、近道が無く、基本を習得し時間をかけて身に付けるものです。一つのものに対してもいろいろな関連性が生まれ,それぞれが大切な役割を果たしています。

バレエ・能・歌舞伎・雅楽・日本舞踊 の『舞』表現を通して、その道で、精進なさっていらっしゃる方々にも、違った角度から興味を持っていただけるのではないかとも思いながら表現していることも話しました。

各グループに別れ、日本独特の言葉を見つけそこに日本人としての謙虚さや優しさを感じるとの意見や話し合いに、今の若い方々も日本を守ろうとする気持ちが大いに感じられ、

外国とは違った、日本人として相手を思いやる心の深さ、慈しみなどをしっかり理解している事に頼もしさを感じました。

私も書を通して日本の良さを、海外にも広げたいと思っているので、これからも若い方々にも知ってもらえる動きも大切な事だと感じた1日でした。

posted by HIRO WORLD at 17:36| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

ピンクビューティーガラパーティーでパフォーマンスをしました

102

個展最終日に、ベイコート倶楽部で、乳癌撲滅運動のピンクビューティーガラパーティーが行われ、私は、作品のオークションと、パフォーマンスを披露しました。

聖路加病院の医師の乳癌の予防や対策等、普段 気を着けていくことで早めに対策を講じる事が大事であることの詳しいご説明がありました。健康で元気に過ごせることの大切さを改めて感じました。

メンバーの方々の綿密な準備とお力で、華やかで素敵なパーティーでした。

橋本大二郎ご夫妻と、テーブルが同じで光栄でした。

パフォーマンスでは、『舞』の漢字を先にお見せして、バレリーナのように表現し、『蝶』の楷書をお見せし、淡墨で模様を出し、ちょうちょうのような雰囲気で作品に仕上げました。パフォーマンスはその場の状況で変化しますが、それにも対応しながら、会場の皆様を楽しませる事が大事です。

各方面での依頼を受け、書道の楽しさを拡げていきたいと思っています。


       
      
 

 

posted by HIRO WORLD at 23:09| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小津ギャラリーで個展をしました

 日本橋と言うこともあり、今までとは違ったお客様もご来場くださり、新鮮な目で作品を楽しんでいる姿は、作家としても今後の励みとなります。

今回は、新しい試みとして、アートタイル作品も展示し、お手軽に、書アートを楽しんでいただけるように考えました。とても好評でした。

又、動物を文字で表現し、ユーモアを交えて、それでもしっかりと作品としての表現をすると言うことを大事にし、それぞれの年代の方が違った見方で楽しんで下さっているようで良かったです。これは何れ小さい子供達が、書を好きになるきっかけとして、本にまとめられたらと考えています。

福島の東山温泉『旅籠 芦名』の女将が、美しい若女将と番頭さんと3人で遠いところ、いらしてくださいました。

10年位前に、『蝶の間』の襖に『舞作品』『花鳥風月』を揮毫しまして、今でもその部屋は特別室として大好評とのことです。是非お出かけください。

28日には、書 パフォーマンスを会場で披露しました。目の前で、実際に書くことで、皆様びっくり! 感動していただけました。写真にも入らないくらい!と楽しんでいらっしゃいました。

個展をきっかけに新しい出会いがあるのも嬉しい事です。日本橋の老舗伊場仙社長や、銀座の倶楽部の白坂ママさん 観世流の能楽師 浅見慈一師 東儀秀樹さんのお母様、ニューヨーク帰りのクリエーターと素敵なメンバーが揃い、日本の文化を語り合いました。

今の日本を支えるのは、長い伝統の歴史を大切に守って来た先人達があってその延長の上に成り立っている事を忘れず、これからの日本の良さを守っていかなければ成らないことを、語り合いました。

 

             


            

   

posted by HIRO WORLD at 22:22| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。